サポートセンター支援セミナーを開催します

サポートセンター支援セミナーを開催します

更新日:2018年7月13日

東日本大震災被災地の子どもと家庭を支える方々のセミナーを開催します。

この事業は宮城県からの委託により実施しています。


1.日時・場所 こちらのチラシ(チラシ内面チラシ外面)をご覧ください

  ※時間はすべて13:30~16:15 参加費無料です


2.3圏域で実施します。圏域内でご参加が難しい場合は他圏域でも参加できます。

  ・仙台圏域(仙台市、塩竈市、名取市、多賀城市、岩沼市、七ヶ浜町、亘理町、山元町)

  ・石巻圏域(石巻市、東松島市、女川町)

  ・気仙沼圏域(気仙沼市、南三陸町)


3.対象者

 沿岸部だけでなく、被災した子ども・子育て支援を行っている、すべての「被災地子ども・子育て支援員」を対象とします。

 また、子育て支援に携わっている方、興味をお持ちになっている方も参加可能です。


4.定員 会場により異なります。お早めにお申し込みください。


5.申し込み方法

  ①圏域②参加日③参加者名④連絡先⑤所属団体等をFAXでお知らせください。

  FAXがない場合には、お電話またはメールでお知らせください。各セミナー開催7日前までにご連絡をお願いします。


6.問い合わせ先及び申込先(被災地子ども・子育て支援者サポート業務専用)

  〒983-0836 仙台市宮城野区幸町4-7-2 みやぎいのちと人権リソースセンター

  TEL&FAX 022-291-5066 Eメール c.l.sapocen@vega.ocn.ne.jp

  特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ


セミナーの内容  ※時間はすべて13:30~16:15


①対人援助の基礎 支援の基礎となる信頼関係の構築に至る手法や、クレームの対処法について学びます。


<気仙沼圏域>7月6日(金)気仙沼「海の市」株式会社気仙沼産業センター2階 コミュニティスペース

講師:東北大学大学院教育学研究科・教育学部 人間発達臨床科学講座 准教授 神谷哲司

<仙台圏域>7月25日(水)日立システムズホール仙台 研修室2

講師:東北大学大学院教育学研究科・教育学部 人間発達臨床科学講座 准教授 神谷哲司

<石巻圏域>7月27日(金)東松島市コミュニティセンター 集会室

講師:東北大学大学院教育学研究科・教育学部 人間発達臨床科学講座 准教授 神谷哲司


②子どもの健康と遊び 震災後子どもの体力低下が懸念されているため、制限された空間でも年齢に応じた遊びを通して心身の健康の保つプログラムを学び、実践につなげます。(軽い運動ができる服装でお越しください)


<仙台圏域>7月30日(月)仙台市原町児童館

講師:宮城県レクリエーション協会会員/公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団 仙台市鶴が丘児童センター 所長 田名網典子

<気仙沼圏域>8月10日(金)気仙沼「海の市」株式会社気仙沼産業センター2階 コミュニティスペース

講師:宮城県レクリエーション協会会員/公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団 仙台市鶴が丘児童センター 所長 田名網典子

<石巻圏域>9月12日(水)女川町まちなか交流館 ホール

講師:宮城県レクリエーション協会会員/公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団 仙台市鶴が丘児童センター 所長 田名網典子


③児童虐待・DVの早期発見 児童虐待やDVを早期に発見し、援助を行う方法について学びます。


<気仙沼圏域>8月31日(金)気仙沼「海の市」株式会社気仙沼産業センター2階 コミュニティスペース

講師:宮城県警察本部 職員 宮城県東部児童相談所気仙沼支所 家庭支援班主幹(班長) 大谷信

<仙台圏域>9月6日(木)日立システムズホール仙台 研修室2

講師:宮城県警察本部 職員 宮城県中央児童相談所 児童虐待対応業務アドバイザー 鈴木清

<石巻圏域>10月11日(木)東松島市コミュニティセンター 集会室

講師:宮城県警察本部 職員 宮城県東部児童相談所 所長 大石景広


④心の健康 不登校の発現率が高い本県において、不登校・引きこもりを支える大人の役割を学びます。


<石巻圏域>10月19日(金)石巻レインボーハウス 多目的ホール

講師:宮城県子ども総合センター(宮城県精神保健福祉センター)児童精神科医 水本有紀

<気仙沼圏域>11月9日(金)気仙沼「海の市」株式会社気仙沼産業センター2階 コミュニティスペース

講師:宮城県子ども総合センター(宮城県精神保健福祉センター)児童精神科医 水本有紀

<仙台圏域>11月16日(金)日立システムズホール仙台 研修室2

講師:宮城県子ども総合センター(宮城県精神保健福祉センター)児童精神科医 水本有紀


⑤レジリエンスと傾聴 未だに震災の影響を引きずっている子どもたちを支援するため、傾聴を通して心のケアを学びます。


<気仙沼圏域>10月18日(木)南三陸ベイサイドアリーナ 会議室

講師:宮城学院女子大学 名誉教授 ケア宮城 代表 畑山みさ子

<石巻圏域>11月22日(木)石巻レインボーハウス 多目的ホール

講師:宮城学院女子大学 名誉教授 ケア宮城 代表 畑山みさ子

<仙台圏域>1月17日(木)仙台レインボーハウス

講師:宮城学院女子大学 名誉教授 ケア宮城 代表 畑山みさ子


⑥地域を支える若者支援 震災後7年が経過し、当時の子どもたちが地域を支える存在となっているため、そのような若者支援ネットワークを推進する方法について学びます。


<気仙沼圏域>11月2日(金)気仙沼「海の市」株式会社気仙沼産業センター2階 コミュニティスペース

講師:宮城県子ども・子育て会議委員/特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ 代表理事 小林純子

<石巻圏域>12月13日(木)石巻レインボーハウス 多目的ホール

講師:宮城県子ども・子育て会議委員/特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ 代表理事 小林純子

<仙台圏域>2月4日(月)仙台レインボーハウス

講師:宮城県子ども・子育て会議委員/特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ 代表理事 小林純子


■各回、チャイルドラインみやぎから宮城県、各市町の子どもの状況について報告します。

 連携できる相談先やNPOについての情報提供、資料提供も行います。

 また、参加者同士の情報交換もセミナーの目的としています。

イベント・講座スケジュール一覧に戻る

支援・寄付のお願い

チャイルドラインのフリーダイヤルには
年間2,000万円の通話料がかかります。
みなさまからのご支援が必要です!

電話受け手・ボランティア募集

電話受け手ボランティアになるまでの流れや、その他のボランティアの募集内容はこちらです。

災害子ども支援ネットワークみやぎ

災害支援関連の活動は、こちらに掲載しています。